今日も部屋干し◆古い賃貸でも結露に負けない部屋作り

賃貸アパートの狭い部屋でも快適に過ごせるよう整理収納の改善・断捨離をしています。

古い賃貸アパートなので冬の湿気問題には悩んでいます。

湿気について片づけで対策できることをあれこれ試しています。

新しい住宅だと24時間換気だし結露の悩みが少なそうで羨ましいです^^

古い賃貸なのでカビが生えないように結露対策頑張ります(^_-)-☆

スポンサーリンク



古い賃貸の大敵・結露

今日も部屋干しです。

いつもならジメジメが気になるけど、のどが痛いからむしろジメジメさせたいと思ってしまう^^;

部屋の室温と外気に差が出てくると気になるのが部屋の結露!

結婚初期のころは尋常ではない結露を前に完全敗北でしたが、結露用の掃除道具を買ってからは以前より楽しく結露の水滴を掃除することができています。

結露取りワイパー おすすめ

私にしては珍しく、100均ではない掃除アイテムw

700円だか800円くらいで買ったような気がします

単に、ダイソーやセリアでも売ってることを知らなかっただけなのですが^^;

私は楽天で買いましたが届いた直後に100円ショップでも似たような商品があることに気づいて少しショックでした。Σ( ̄□ ̄;)

でもきっと、100均のよりもワイパーと窓のフィット感がいいはず!とか本体の引っ掛け穴が便利だし!とかこの結露取りワイパーを褒めて自分を慰めましたね・・・

使い心地は不満なしです。

結露がよく取れて掃除もしやすい形状なのでズボラな私には欠かせない掃除アイテムです。

本体とワイパー部分が簡単に外れるので本体にたまった水滴も簡単に捨てられます。

これだけでも買ってよかったなと思える手軽さです。ほんとズボラなので。

収納場所は窓近くのスチールラックの見えない部分にフックを付けて本体の引っ掛け穴にを利用してぶら下げ収納にしています

これにより、

  1. 朝雨戸をあける
  2. 結露のチェック
  3. 結露取りワイパーに手を伸ばす
  4. 掃除

という一連の流れを動くことなく完了できます

掃除をしたら流しに水滴を捨てに行って乾いたころに元の位置に戻しています。

家具の裏に掃除道具があるのが全く気にならないといえばウソになりますが、ずぼらでも続く部屋作りを目指しているのでちっちゃいことは気にしないようにしています。

(子供に見つかって引っ掛け部分を割られました^^;)

めんどくさがりは片づけるところまで含めて道具選びをしないと、そもそも使わなくなるというリスクがあるので片付けや道具の手入れが簡単なのは重要なポイントです。

100均の結露の水滴取りワイパーはペットボトルに付けて使うタイプでした

100均、ホントなんでも売ってる

結露に負けない掃除のしやすい部屋作り

冬は湿気で窓が結露してしまう日が多いです。

放っておくとカビの発生源になってしまうしホント困ります。

掃除をしやすくするためには片づいているほうが効率がいいので窓周りは結露した窓の掃除がしやすいようにモノの配置には気を使っています。

これもズボラには重要ポイントで、掃除しようかな~汚れが気になるな~ってせっかく気が乗っても片づけというハードルが現れると掃除も片づけも後回し=ずっとやらないという悪循環にハマってしまいます。

テレビが窓のそばにあるのでケーブルをそのままにしておくと窓のほうまで延びてしまってカーテンを窓に押し付けた状態になっていることがあります。

カーテンが常に濡れているとこれもまたカビの原因になってしまいます。。゚(つД`)゚。

ケーブルが遊ばないように100円ショップで買った結束バンドで家具の裏にケーブルを軽く固定して延びていかないようにしています。

延長コード 収納 結束バンド 整理
結露した窓にカーテンがべったりしてるのはよくありませんからね・・・。

ケーブルを丸めた状態で使うと火事が心配なのできつく止めないように調整しています。

年々電化製品が増えてさらに子供が産まれて・・・となるとコンセント付近のケーブルがえらいことになってます。

古い賃貸だとパソコンを使ったりスマホを毎日充電したり、しかもタブレットもあったりとかそういったことが想定されていないのでコンセントが少ないのが地味に不便です。

昔はタコ足配線なんて恐ろしくて絶対やらなかったのですが、今はタコ足しないと日々の生活に支障が出てしまうという・・・悩ましいです。

◆今日のお片づけのポイント◆

○ズボラ人間は気づいたその場で必要な道具が出てくるような部屋作りにするのが重要

例:1

結露が気になる

動かずに手を伸ばすだけで掃除道具が出せる

例:2

埃や汚れが気になる

すぐに取り掛かれるように周辺を常に片づけられるような仕組みづくり。