家族が自然と片付けてくれる仕組み作りのコツ

家族参加型の片付けを目指して整理整頓中です。

今までは、自分がフルタイムで働いていないということと、夫も片付けが苦手ということで何となく物を片付けるのは自分の仕事にしてしまっていました。

ですが、いろんな収納の雑誌や本を見て考えを改めました。

[re23ad1]

部屋が片付いている人のコメントを見ると共通していると感じることが多いのが『家族にも片付けてもらう、その仕組みを作るのが大切』ということです。

物を定位置に戻すことまで自分の仕事にしないで、定位置に戻しやすい仕組みを作ることが大切なんだということに気づかされました。

そうすれば、家族に片付けてもらえて綺麗な部屋をキープしやすくできるし『あれどこ?』と聞かれなくなる。

定位置に戻しやすければ出しっぱなしにしないし、使った人が片付ければ次からはその人は何がどこにあるのか把握してもらえる。

せっせと家の中を片付けても家族が散らかす…そんな時って、もしかすると物の定位置を把握しているのは自分だけなのかもしれません。

『片付けやすい仕組み』を作りながら片付け・整理整頓をしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする