【キッチンの整理整頓】100均グッズで収納スペース増♪フライパンの蓋のお試し収納を実践

欲しいものが欲しい時に見つからない生活を改善するために『整理整頓』実践中のsakiです。

引き続き【キッチンの整理整頓】ジップロック・保存袋の収納アイデア・ESSE 7月号の本多さおり流の収納を実践中です。

収納特集は本多さおりさんだけでなくほかにも収納の達人の方がアイデアを披露してくれています。

収納の達人はやっぱりおうちの中が綺麗で暮らしやすそうです。

いつかはそんな生活を目指して・・・できることから頑張ります。

[re23ad1]

さて、収納特集を見ていると、キッチン収納の達人は『吊る収納』を上手に活用しています。

本多さおりさんのお住まいは我が家の間取りに似ているので参考にしたいアイデアがいっぱいです。

よくみると吊る収納を上手に活用されていて、意外にたくさんのものが見えるところに吊り下げられています。

でも、不思議とごちゃごちゃ感はなくて真似したくなるキッチンです。

本多さおりさんの吊るす収納を目標に、ほかの達人の方の『見えないところには突っ張り棒』のアイデアを組み合わせて換気扇下に突っ張り棒を入れてみました。

インテリア雑誌で換気扇の下にお鍋などのキッチンツールを下げているのってたまにありますよね。

メンズ向けインテリア雑誌に多い気がします。

衛生面とか掃除の手間とか火事の危険とか考えると・・・換気扇下にお鍋とか蓋を吊るすのには抵抗があったのですが、ESSEの収納特集をヒントにほぼ毎日使うものは吊るしといても問題ないかもと思い直し一時的に試してみることにしました。

【キッチンの整理整頓】100均グッズで収納スペース増♪フライパンの蓋のお試し収納を実践

黒いフS字ックが悪目立ちしていますが、これしかなかったので・・・。

この収納が定着したら白かシルバーのS字フックを買いなおします。

フードに引っ掛かりがあるので棒の落下は防止できそうです。

場所が場所なので・・・細心の注意を払い自己責任の収納方法です。

フライパン用の蓋は食洗器に入らなくて手洗いすることが多いのですが乾ききるまでキッチンの台に出しておかなくちゃいけないし、乾いたら乾いたでコンロ下にしまってその日のうちにまたすぐ出して使う・・・の繰り返しがちょっと面倒でした。

吊るす収納なら水が滴り落ちない程度にさっとふいてすぐにかけられます。

これで蓋の整理整頓が少し楽になりそうです。

調子にのって縦にもつっぱり棒を入れてみました。

念のためティファールの蓋を試しにON

【キッチンの整理整頓】100均グッズで収納スペース増♪フライパンの蓋のお試し収納を実践

これは・・・却下かな・・・。

蓋の汚れが気になりますし落下の危険が高そうです。

でも、工夫すればスペースの有効活用はまだまだできると気づかされたのでちょっと嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする