>整理整頓・収納・片付け・断捨離の効果的な方法と実践記

整理整頓・収納・片付け・断捨離のアイデア

整理整頓・断捨離をするときに気をつけていることとコツのようなものをまとめました。自分自身、まだ片付け・断捨離が得意にはなっていませんが少しずつ片付けができるようになりました。

試行錯誤しながら自分が片付けで意識している方法というかコツのようなものがまとまってきたので、部屋の散らかり具合によって意識している片づけの手順をまとめました。

片付け・断捨離をするときにはまず今の部屋の状態を冷静に把握するようにしています。

  1. どこから手をつけていいかわからない部屋
  2. こまごまとモノが出ていて人を呼ぶのは恥ずかしい、探し物が多い部屋
  3. 片付いてはいるけどモノを減らしたい

「1.」が一番散らかっている状態ですね。

片付けに真剣に取り組む前は「1.」のような「汚部屋」状態になることがありました。

今は自分に合った整理整頓・断捨離の方法が何となく見えてきたので最近はそこまで散らかることはなくなってきました。

片付けを始めた頃を思い返しながら整理整頓・断捨離の実践記をまとめてみましたので同じような方の参考になれば嬉しいです(b´∀`)

スポンサーリンク

整理整頓・片付け・断捨離で意識している基本的な手順

片付けの基本としてよく言われるのが収納の前に「モノを減らす」ことの大切さです。

ある程度キレイな部屋で暮らせているならいきなりモノを減らすことから取りかかることも可能ですが「汚部屋」のような状態だったりものが多すぎて収集がつかなくなっている場合は「モノを減らす」前に「モノを分ける」ことから取りかかると手を付けやすいと実感しています。

片付け 断捨離 整理整頓 工夫 収納

私が片付けをするときに意識している手順はコチラの通りです。

  • モノを一度出してまとめる
  •  ↓
  • モノを分ける
  •  ↓
  • 収納場所が決まっているモノを収納する
  •  ↓
  • 残ったものを断捨離
  •  ↓
  • 何度も繰り返す

断捨離はヨガの世界が基になって生まれた言葉というだけあって片付けに対する意識を変えるにはとても心強い考え方だと感じています。

いらないもモノに囲まれる生活を変えてくれる断捨離に取りかかる前に、まずは明らかに必要のないものを処分し片付けることでじっくりと断捨離に向き合えると実感しています。

*もくじ*

  1. どこから手をつけていいかわからない部屋 
  2. こまごまとモノが出ていて探し物が多い部屋
  3. 片付いてはいるけどモノを減らしたい

どこから手をつけていいかわからない部屋の整理整頓・片付け

どこから手をつけていいかわからないほどモノが積もり積もってしまった部屋は片付けや整理整頓のことを思うだけで憂鬱になることもあります。

どこから手をつけていいかわからないほど散らかってしまった部屋の片付けは、まず「絶対にいらないもの(=ゴミ)」と「それ以外」に分けるだけでだいぶ見通しが明るくなりました。

積んである雑誌や服を一度手にとっていらない物をゴミ袋に入れていきます。

瞬時にいらないと判断できるモノを捨てていくだけなので作業は単純で簡単です。

不規則に積み上げられた本を手に取り取っていらない物を捨てながら必要な本などは何となくキレイに積み直せるのでコレだけでもだいぶすっきりとします。

いらない物を捨てたら次のステップです。

こまごまとモノが出ていて人を呼ぶのは恥ずかしい、探し物が多い部屋

迷わず捨てられる、明らかに要らないものを洗い出すために「ここだけ」と決めて1箇所ずつ手をつけることを心掛けています。

様々な方法を試しましたが1箇所ずつ片付ける方法が自分に合っていることに気づけました。

収納されていたモノが多いと大変なことになるので「ここだけ」と決めて少しずつ部屋全体を断捨離します。

片付け 整理整頓 断捨離 工夫 収納

具体的には「押入れ一番下の引き出しだけ」「カラーボックスの一番上の棚だけ」など「今日はここだけ」と決めて作業を開始しています。

収納できずに外に出ているものは「テレビの前の床だけ」とか「テーブルの上だけ」などエリアで区切って片付けています。

まずは3種類に分ける

「今日はここだけ」と決めた場所に収納されているモノを一度全部出すなどしてまとめます。

出したモノをひとつずつ手にとって「1.捨てるもの」「2.絶対にいるもの・使うもの」「3.それ以外」の3種類に分けています。

断捨離 手順 コツ

「1.捨てるもの」は迷いなく捨てられるもの。分け終わったらゴミ袋にまとめます。

「絶対にいるもの・使うもの」と「それ以外」をさらに分ける

「2.絶対にいるもの・使うもの」は「2-A:収納する場所が決まっているもの」と「2-B★:それ以外」に分けます。

断捨離 コツ 手順

2-A,2-Bとも分けたら仮収納で片付けています。

「2-A:収納する場所が決まっているもの」は定位置に戻して収納します。このとき、モノの取り出しやすさや見た目のきれいさにはこだわらず、ひとまず決められた場所に収納します。

「2-B★:それ以外」は「ここに収納すれば片付けやすい」と思われる場所に収納します。

収納したい場所に収納家具などなければ一時的に空箱などを利用してその場所に置いてます。

数日や1週間など期限を決めて使い勝手など様子を見てその場に収納するか見極めます。

モノが多ければ先に「どの部屋で使うか」という基準で分けておいたり、あいている箱などに入れて数日に渡って作業するようにしています。

この作業はモノの量が多ければ後回しで一旦保留、量が少なければ分けたその場で片付けています。

「絶対にいるもの・使うもの」ではないけど「捨てるもの」として処分することもできないもの。

「3.それ以外」に分けたものはさらに4種類に分けています。

断捨離 手順 コツ

この項目は人により異なってくると思いますが、私の場合「3-A:思い出の品」「3-B:資料として保管」「3-C:リサイクルに出したいもの」に分けています。

お子さんがいれば「子供のモノ」とか、趣味のモノが多ければ「趣味のモノ」などの分類になってくるかと思います。

3-A~3-Cは項目数や分類の基準が人それぞれになるかもしれません。

そして、それ以外は「3-D★:それ以外」にしています。

多分、ものが多くて困っているという場合はほとんどの場合この「3-D★:それ以外」に分類されるもの=使わないけどもったいなくて捨てられないモノが多いのではと経験的に考えています。

家にスペースがあれば「もったいなくて捨てられないモノ」として箱にまとめて保管するのも一つの方法です。

そして、時間に比較的ゆとりのある人は長い時間をかけて「もったいなくて捨てられないモノ」を断捨離するといいかもしれません。

片付け 整理整頓 断捨離 工夫 収納

片付けの手が止まってしまう「その他」のモノ。

自分の中でそのモノの存在価値がはっきりしていないものが曲者です。

ここまでやって残った「もったいなくて捨てられないけど...捨てたいモノ」こそ断捨離をする必要のあるものとしてコツコツ処分しています。

つらつらと長くなってしまい尻つぼみになってしまった感がありますがひとまずここまでにいたします。

毎日の片付けの様子をブログに書き溜めていますのでよろしければコチラもご覧になってみてください。

>>整理収納・片づけで暮らしを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

文章・資料写真の転載禁止

Copyright (C) 2014-2017整理収納・片付けで暮らしを楽しむ All Rights Reserved.